☆小梅日和☆

2007年生まれのフレブル☆小梅☆の日記です
ちょっとワガママだけど愛嬌たっぷりの女の子です♪
フレンチブルドッグひろば
フレンチブルドッグひろば
PROFILE♪
CALENDAR♪
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
 
SELECT ENTRY
 
新着コメント
 
モバイル
qrcode
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | - | - | ↑TOP
 
お誕生日デート
14日でめでたく1歳を迎える小梅拍手
一足早く彼氏のゲンゲンお誕生日デートに連れて行ってくれましたラブ

しかも外車オープンカーデート自動車プシュー
1歳にしてかなり、おナマです祝
28回も誕生日を迎えた母でさえそんなデートに連れて行ってもらった事ありません
  ・・・・ね〜パパ・・・爆弾

まずは、琵琶湖バレイnext
!! ここでアクシデント発生どんっ
今まではちっさくて1人乗りみたいなゴンドラだったのが、超でっかいゴンドラに変わっておりワンコはゲージに入れないと乗せてはダメとのこと・・・
ゲージに入れるとうるさいのでお膝に乗せていってはダメかと交渉してみたところ、安全面を考えやっぱりゲージに入れないとあかんってことで
まずはお2人をゲージに入れるのに一苦労汗
ここで母2人汗だくあせあせ
やっとのことでゲージに収まったお2人と共にゴンドラに乗り込んだところ
ギャンギャン ワンワン ガウガウ 出せ出せ・・・
あまりにも騒ぐので、精神面も心配になり1回降りましょうと降りまして〜
特別便を出してくれるとの事だったのですが、下山の時にも心配が残るので琵琶湖バレイは断念危険

お2人さんしょっぱなからテンション上げまくりで


小梅母のデジカメがこんな日に限ってまったく作動せず・・・怒りマーク
携帯での撮影を試みましたがきれいにとれてなかったので
ゲンママのブログから写真を拝借しましたm(__)m

そして予定を変更し琵琶湖nextnext

水泳なんちゃらビーチ(また名前忘れた)水泳
なんだかゆっくりした時間の流れる綺麗なビーチでしたわーい

ここではずーーーーーっとくっつきまくりの白いカップルがいましたラブ


そして! またまた! アクシデント発生どんっ

波打ち際をさっそうと駆け回る小梅さん
波打ち際でリキみだす小梅さん
波にさらわれようとするウ○コさん
もちろん母はウ○コさん素手キャッチ


横にいたチワワを連れたおっちゃんがスっとビニール袋を差し出してくれました撃沈
おっちゃんありがとうパー

と、まあこんなんでビーチを楽しみ
大津のプリンスホテル横の公園に移動nextnextnext

車の中でもくっつきまくりラヴラヴハート大小ハート大小


公園に着くとゲンゲンからの誕生プレゼントのNEWリードでお散歩ですびっくりハート大小

ラブおそろいラブ
しかも父母の超お気に入りSHOP ぴかぴかPARKぴかぴか のリードてれちゃう上向き
本気お気に入りです!ラブ

先日何年かぶりに復活したジュリアナばりにお立ち台で楽しそうなカップル


琵琶湖沿いのお散歩もゆっくり満喫して
公園横のドイツ料理のお店で晩御飯ディナー


ドイツといえばビアービール


ドイツといえばソーセージディナー

ワンコ用のスイーツもあるそうイヒヒ
帰りのお会計時に気づいた母2人たらーっ
また来ますYES! ごめん小梅パー汗

琵琶湖沿いのオープンテラスが気持ちよい素敵なお店るんるん
料理もドリンクも美味しくて雰囲気も良しグッドぴかぴか
オススメですラッキーディナー

帰りはこれまたゲンゲンからのプレゼントのお揃いを着て大阪に向かいました〜自動車


初めてのお誕生日にして最高のお誕生日になった小梅さんわーい
幸せ者ですラブ

ゲンママラブ ゲンゲンラブ 本当にありがとう上向き上向き上向き

しかもひらめき
ずっと探してたこちらも頂きましたラブラブ

ライフジャケット!
来年もゲンゲンとドッグビーチに攻め込みます水泳チョキ


フレンチブルドッグひろば
      やじるし
ゲンゲン&小梅バリに可愛いブヒがいっぱいラブ


| おでかけ | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
 
<< 仲間意識 | main | 100% FrenchBulldog byPARK >>
スポンサーサイト

| - | 00:51 | - | - | ↑TOP
 
COMMENT

【コメントする】









 
TRACK BACK

この記事のトラックバックURL
http://koumes.jugem.jp/trackback/29